学校行事一押しニュース(2019年2月)


 愛商の行事や取り組みの活動の様子や結果の最新ニュースをお知らせします!
是非ご覧ください!

マライカの翼プロジェクト 無事に届きました!!


 

 

 NPO法人マライカの翼プロジェクトを通じ、タンザニアに教育資源を寄付する活動に参加し、
4年が経過しました。本校では卒業する生徒から3年間使用した体操服を回収し、毎年200着以上
寄付させていただいています。
 タンザニア,ザンジバル教育省へ送り出した物資は無事到着し、現地の生徒が着用している
写真が届きましたので報告させていただきます。


生徒会が中心となって書き損じはがきを集めました


 

 生徒会が中心となり本校の生徒,職員から回収した書きそんじハガキを、2月6日に名古屋ユネスコ
協会さんへ渡すことができました。
 今年はたくさんの方に協力していただくことができ、過去最高の524枚集めることができました。
日本ユネスコ協会連盟のカンボジア寺子屋/途上国識字教育支援に役立たせていただきます。


日商簿記検定1級 合格!!



 11月18日に行われた日商簿記検定の1級に、西世古大樹くん、廣木富美さん、垂門 翼くんの
3名が合格しました。合格率9.0%の難関の検定でしたが、見事合格することができました。


■■■ 合格者のコメント ■■■
 ◆西世古大樹
 合格の知らせを受けた時、私は喜びよりも肩の荷が下りたという安心感で胸がいっぱいになりました。
経理研究部員として活動していた私は、2年生の頃から、日商簿記1級に挑戦してきました。
 部長を任されてからは、私たちの代で日商簿記1級の合格者が出ないことに不安と焦りを感じると
ともに、大きな責任も感じていました。そんな思いの中での「合格」。経理研究部員としての誇りを
守れたこと、責任を果たせたことに安堵しました。
 日商簿記1級の合格まで導いてくださった先生方、先輩、そして友人や家族には感謝してもしきれ
ません。ありがとうございました。

 ◆廣木富美
 私は日商簿記1級に合格することができました。勉強と部活の両立にとても苦労しましたが、
日々の授業を大切にして学習を進めていきました。普段の授業でわかりやすく説明してくださった
先生方や、一緒に勉強して教え合った友人のおかげで合格することができたと思います。
 ありがとうございます。3年間、簿記を学習してきた成果を発揮することができてよかったです。

 ◆垂門 翼
 「簿記」に出会い、「簿記」を極めようと思い入った経理研究部。その頃から目標にしていた日商
簿記1級の合格。部活動の練習以外に、自分自身で計画を立てて進めていくこと、問題を解き続けて
いくこと、想像以上に大変でした。時には、目標を見失うようなときもありましたが、先生方や家族、
友達に支えられて、この結果を残すことができました。
 そして、日商簿記1級の合格を目指していく過程で見つけた目標が、公認会計士になることです。
これからは、次の目標に向かって努力していきたいと思っています。

2年生経理科 高大連携授業を実施




 1月29日(火)2年生経理科を対象に、青山学院大学大学院の市野先生をお招きして、講義を
していただきました。「いつもの会計処理を違う視点から見なおしてみよう!」というテーマで、
日頃学習している「財務会計Ⅰ」や「原価計算」の知識を応用し、ビジネスの現場で実際に起こり
得ることをグループ学習で楽しく学習することができました。
 市野先生、お忙しい中ありがとうございました。 




                          今後も、愛知商業の活躍に御期待ください!


ページのトップへ戻る