情報処理科


 情報処理科は、システムエンジニアやプログラマといったIT系企業への就職を可能にするカリキュ
ラムを設定しています。国家資格の「ITパスポート」や「基本情報技術者試験」をはじめ、全商協会
主催の「情報処理検定・プログラミング」など、IT系企業で働くうえで必要な基礎知識を学びます。
また、科目等の選択により、高度なコンピュータソフトウェアの技術を学ぶこともできます。

情報処理科の取り組み


★情報処理科の目標

 愛知商業高等学校の情報処理科で2年間学ぶことにより、情報を科学するとともにICTの基礎能力
を備えた人材を育成する。また、生徒個人の進路目標に合わせた情報技術の取得を目指し、コンピュ
ータ言語に関する知識やソフトウェア活用能力を備えた人材を育成する。

★授業で取得を目指す資格

  • 経済産業省 基本情報技術者試験
  • 経済産業省 ITパスポート試験
  • 全商協会主催 情報処理検定1級 プログラミング部門

★授業で学ぶことのできるソフトウェア

  • Eclipse(エクリプス)
  • Android Studio(アンドロイドスタジオ)
  • Adobe Illustrator(イラストレータ)
  • Adobe Photoshop(フォトショップ)

★授業で取得可能なコンピュータ言語

  • Java
  • C#
  • VBA
  • JavaScript
  • html xml

★連携企業・大学・専門学校

  • 株式会社スターシステム
  • 名古屋商科大学
  • 名古屋学院大学
  • 名古屋文理大学
  • 名古屋工学院専門学校
  • 名古屋情報メディア専門学校

★システムエンジニア・プログラマの就職企業(本校より直接の就職に限る)

  • 株式会社デンソーITソリューションズ  株式会社中電シーティーアイ
  • 株式会社カーネル  ソフトエンジニアリング  日本システム開発株式会社
  • ホッコー株式会社  東レ・テキスタイル株式会社
  • ABCシステム株式会社  株式会社テスク 等(順不同)
*授業で学ぶものでこれ以上に専門的な勉強を先生方に聞き、受験することも可能です。
ページのトップへ戻る